Welcome Guest 

メンバー anchor.png

  • 矢内 直人(博士前期2年):代表者
  • 秋山 浩岐(博士前期2年)
  • 太田 佳樹(博士前期2年)
  • 小久保 博崇(博士前期1年)
  • 窪田 峻(博士前期1年)
Page Top

アドバイザ教員 anchor.png

  • 満保 雅浩 准教授
Page Top

研究課題 anchor.png

構造型集約多重署名方式の開発

データの正当性を保証する技術を署名方式といい、また、1つのデータに複数人のユーザが携わっている場合、データに対する保証がユーザ全員により与えられる方式を特に多重署名方式という。現実の状況を鑑みると、多重署名方式ではデータの正当性だけではなく、処理されたプロセスも確認したい場合がある。そのような状況において、データを処理しているユーザの構造を関係を署名に反映させることによりプロセスを検証する方式を構造型といい、本研究では構造型集約多重署名方式に関する開発を行った。

Page Top

成果公開 anchor.png

Page Top

中間発表会 anchor.png

  • 配布資料
  • ポスター
Page Top

プロジェクト管理 anchor.png

Page Top

評価 anchor.png

Page Top

予算 anchor.png


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2643, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2011-03-09 (水) 13:49:52 (JST) (2388d) by jun
ICTソリューション・アーキテクト育成プログラムコンピュータサイエンス専攻筑波大学